--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LINE6PODX3のセッティング

2012年10月31日 10:41

以前ライブを行ったとき、後日来て頂いたとあるお客さんから機材のセッティングを教えてほしいという要望を頂きました。
google先生などで調べれば沢山例は載っているのですがせっかくの機会なので
改めて自分のセッティングを見返しながら、個人的な見解を含めてご説明させて頂こうと思います。

もちろん私自身ただの素人で、間違った知識、間違った使い方、間違った解釈などあるかもしれませんが
家で作った音を極力そのままライブで使う事を目的として記述させてもらいます。
まず私の足元の環境ですが、ギターをやっている方なら誰でも知っているLINE6PODX3これ一つです。
正確にはこれに加えて同じLINE6のフットペダル、FBVMK2も使っています。

通常、コンパクトエフェクターを使う方、使わない方問わずライブハウスに置いてあるアンプにインプット接続して音を出す方が大半だと思います。
ですがアンプシミュレーターに分類されるPODはインプット接続をしてしまうとせっかく家で作った音がアンプのプリ部を通ってしまい
多少なりとも音が変化してしまいます。多少というより大分だと思いますが…。

昨今のライブで実際に使った例を挙げてみます。



▽ミキサーへ直接音を送る
後ろのアンプをいっさい使わずミキサーへ直接音を送り
スピーカーから音を返してもらってモニタリングする形です。

<メリット>
自宅で音を作れ、作った音をそのまま使えます。
ただし聴き手側にとってはスピーカーやライブハウスの機材、位置により多少変化すると思います。
シンプルなものですがこれがこの方法を使う最大の理由にもなりますね。
家で作った音をいくつか用意し、本番でミキサーへ音を送るケーブル1本でセッティング完了です。
音になるべく変化を与えずアンシミュそのもののポテンシャルを一番に引き出せる使い方なのではないでしょうか?
ライブハウスではリハの時にPAさんにお話しすれば通じると思うので事前にお願いしておきましょう。

<デメリット>
パッチを複数用意する場合、音量レベルの調整、統一が必要になります。
実際に音を出す時は、個々のパッチのレベルが影響されるので、これが不十分だと
極端に言えばディストーション→クリーンのパッチに切り替えた時
まったく聞こえなくなったりします。逆もしかりです。
どうしてもここの調整がうまくいかない場合は
個人的には歪み関係のほうを大きめに設定し、クリーンはピッキングの強弱で音を補ってます。
またパッチの切り替え時のノイズや音切れの可能性がありますが、
新しめのシリーズは気になるほどではないかもしれません。
音作り次第で発生する問題だと思いますが
ちなみに私は一番最近出演したライブでは歪み→クリーンの切り替えで発生しました。


▽PODをプリアンプとして使う
アンプのリターンに挿して実機から音を出す方法です。
これには前準備が必要で、PODの設定で出力をStudioDirectからPreampに変える必要があります。
この項目は同じPODシリーズでも機種によって変わってる(?)のでそれっぽいやつに設定。
さらにキャビシミュをOFFにしておきましょう、キャビは実機を使う為です。(キャビネット選択でなしだかNONEだかOFFだかに)

<メリット>
実機から音が出せます、これにつきます。
ライブハウスにおいてあるアンプですとマーシャルのヘッド、JCのリターンに挿せば音が出ます。
それぞれのプリ部を通らず、パワーアンプに直結なので
アンプで音を出したい人にとってはこれが無難なのではと思います。

<デメリット>
自宅で音を作りにくい、本当にこれ。
PODにシミュレートされているキャビネットを使用せず、実機に通すため
どうしてもスタジオに通って実機で音を出しながら作ることになると思います。
また音作りに使用した機材とライブハウスの機材に相違があると
せっかく作りこんだ音もリハで鳴らしてみるとかなり変わってることになると思います。。
まあ今はスタジオに置いてあるものもライブハウスに置いてあるものも大体同じものが多いので
可能性の問題としての話になるかもしれませんが、あらかじめ機材はチェックしておきましょう。
JCなら大体のライブハウスに置いてあると思うので自分はこの方法を使うならJCを使います。


と、ざっくり説明して来ましたが大体こんな感じです。
メリットデメリットというのも自分が実際に使ってみて思ったことを書き綴っただけです。
機材の仕組みや音の変化、理由等などはgoogle先生に聞いてもらったほうが早いと思います。

間違った知識等あるかもしれませんが、多少なりとも参考になれば幸いです。


蒼キュン
スポンサーサイト


コメント

  1. ぢーの | URL | -

    今日誕生日なんですね!おめでとうございます(^O^)

    俺はPOD X3の仕組みというか機材のことが全然わかってない時にPOD X3持ってスタジオ練習に行ったことがありまして
    その時に何も知らない俺はそのままJCのインプットに挿して使ったんですが
    思った音が出なくて困ってなくなくマーシャル直でその場をしのぎましたww


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aokyun1031.blog60.fc2.com/tb.php/288-76f8a0c4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。